ウレタンがレスキューの能力を変える。

フローティングプロテクター
ハマウレマリントップページ
救助用ウレタンボート
シーレッグス
ライフボード
ライフボード
ライフボード
ライフボード
ライフボード
津波対策ライフジャケット「フローティングプロテクター」
津波対策ライフジャケット「フローティングプロテクター」購入フォーム
ハマウレマリン会社案内
津波対策ライフジャケット「フローティングプロテクター」・不沈HDボートのニュース
資料請求
リンク
▶サイトマップ
▶特商法に基づく表記

リンク

http://www.hamaure.co.jp/
ウレタンの事なら浜口ウレタン

http://www.shipman.co.jp/
ShipMan(シップマン)…For Boat Life

ウレタン成型

浜口ウレタン(株)はウレタン加工の専門メーカーとして静岡県浜松市で1985年に創業いたしました。高度なウレタンの成型技術で自動車・オートバイ業界、医療業界、家具、建設機器など様々な分野へ製品を供給しています。私たちが貫く基本姿勢は、高精度の製品を小ロットで多品種生産する技術、成型が複雑で時間も掛かる製品、また技術的に難易度が高い特殊な製品、さらに新しい発想から生まれたまだ市場に無い新開発製品など、独自の技術と感性を発揮し、業界のオンリーワンを目指します。

浜口ウレタンのHPへ
インテグラルフォーム
インテグラルフォームは強度物性が高く、見た目や、感触が良いため外観商品用として、4輪用、2輪用グリップハンドルや、医療機器などのパーツなど幅広く使用されています。
img
新幹線/
品川駅・横浜駅ベンチシート
img
アミューズメント用/
グリップ/ハーネス
img
競馬場用/
上部プロテクター
img
改札ドア

 

半硬質フォーム
低反発フォームや高耐熱性・低吸水性に優れ、4輪のエンジン断熱材や低反発ウレタンマクラなど幅広く使用され、用途によって消臭・抗菌・防カビ効果のある加工が可能です
img
2輪シート
img
スノーモービルシート
img
保持パット
img
消臭シート

 

一体成型フォーム
表皮一体成型といわれる方法で、組み付けには縫製を必要とせず、使用上で雨水や消毒液などがクッションにしみ込まず、建設機械や医療機器などで多く利用されています。
 
img
フォークリフト用シート
img
医療機器用シート
img

 

硬質フォーム
木材と同じくらいの強度があり、芯材やシートボトムとして使用されています。また衝突時の衝撃を和らげる目的で、エネルギー吸収パッドとして車などに採用されています。
img
 
img
オフィスチェアー
img
歯科用椅子
浜口ウレタンのHPへ

 

熱放射塗料HAMACOOL/熱放射シートHAMASHEET

部品の温度と寿命の関係

スウェーデンの科学者スヴァンテ・アレニウス(1859-1927)が発表した、「アレニウスの法則」は、部品の経年劣化の主因が温度である場合、一般に使用環境の温度が10℃下がると寿命は2倍に伸びるという「10℃・2倍則」として知られ、部品の寿命の算出に使われることがあります。各種電気機器・機械装置の寿命にとって、その使用時の温度をいかに下げるか、ということが非常に重要となってまいります。

img

鍋の湯沸騰時間の短縮

市販の鍋の外側に熱放射塗料を塗り水を入れて、電気コンロで沸騰するまでの時間を測定しました。 その結果、熱放射塗料を底に塗った鍋は19分で沸騰しましたが、塗らない鍋は26分掛かり、その差は7分と27%の時間短縮となりました。
 そこで、電気コンロをOFFして、お湯の冷め具合を観察しましてところ、放射塗料を塗った鍋の水温が早く落ちました。これは、沸かした時は熱源が鍋の外にあり、冷ました時は熱源が鍋の中に移ったために、冷め方が早くなったものと思われます。
img

LED照明機器の放熱

省エネ照明としてLED照明機器が急速に普及しております。然しながら、LED照明機器は発熱が問題となっており、それが寿命の要因となります。そこでLED照明機器の筐体の外側に熱放射塗料を塗って熱を放出させることができます。
img

自動車関連機器での応用

自動車関連機器でも多くの用途があります。
ガソリンエンジン車では、触媒・マフラーの温度制御に、EV・HEV車ではリチウムイオン電池やモーターの放熱に活用できます。その他、電子回路の放熱用として熱放射シートや塗料が活用されます。

その他の分野での応用

熱放射シート・塗料はその他非常に多くの応用分野があります。
『熱交換機での応用』
・ボイラー・蒸気タービン・空調機器・換気装置
『住宅・家庭での応用』
・室内温度調節・暖房絨毯・壁材、天井材
『繊維製品での応用』
・放熱衣料
浜口クールのHPへ

 

▲ページトップへ
(c)Coppylight ハマウレマリン hamauremarine