‘試乗会・デモストレーション’ カテゴリーのアーカイブ

秋田県各消防本部へデモンストレーション

2017年9月7日 木曜日

日 程/平成29年9月6、7日(水、木)

場 所/船川港、長木川

主 催/男鹿地区、大館市、湖東地区、五城目町消防本部

秋田県の男鹿地区、大館市、湖東地区、五城目町の各消防本部様にハマウレボート(水難救助ボート)を紹介しに行ってまいりました。
浜松市から乗用車にボートトレーラーをけん引して出発したのですが、秋田までの道のりは約900km、15時間掛かりました。
2日間に分けて水上でのデモンストレーションを実施して、使い勝手等を確認いただきました。

長木川にて隊員の方がJET船外機の操船確認をする様子

田園風景の中を走っていたら巨大なまはげ像がありました

 

黒川地域行政事務組合消防本部 ウレタン注入ボートの取扱訓練

2017年5月17日 水曜日

日 程/平成29年5月17日(水)

場 所/宮城県黒川郡大衡村牛野ダム湖

主 催/黒川地域行政事務組合消防本部

黒川消防本部は、これからも訓練を重ね、より一層の水難救助技術の向上を図り、実際の水難救助に備える。との事です。

現地でデモを待つウレタン注入ボート

浜口社長のボート説明に聞き入る隊員の方々

ウレタン注入ボートに乗船して

 

ウレタン注入ボートの試乗風景

ハマウレボートの商品詳細ページはこちら

静岡県磐田市消防本部へ船外機取扱い説明

2016年12月12日 月曜日

日 程/平成28年12月12日(月)

場 所/竜洋海洋公園(磐田市)

主 催/磐田市消防本部

磐田市消防本部様は平成27年にハマウレボートAU450(水難救助ボート)を納品しているところで、今回船外機の更新とのことでJET船外機を購入いただきました。弊社では安全な取扱いをしていただくために、納品時に取扱い説明と走行確認を実施しています。出動時に確実に使用できるようにサポートさせていただきますのでお気軽にご連絡ください。

10

ユニック車にて水面へエントリーさせます

9

AU450は形状が細くて長いので5人乗っても推進力があります

◆ハマウレボートの商品詳細ページヘ

愛知県豊田市消防、海部南部消防デモ

2016年11月22日 火曜日

日 程/平成28年11月22日(火)

場 所/矢作川・海部南部消防組合消防本部

主 催/豊田市消防本部、海部南部消防組合

愛知県の豊田市消防本部様から水上デモ、海部南部消防組合様から陸上での製品説明要請を受けまして、ハマウレボートAU380W(水難救助ボート)、ライフボード(人命救助ボート)、セーフティボート(水難救助ボート)をトレーラーに積んで出掛けてきました。
豊田市での水上デモの現場は矢作川にて行い、安定感の確認と下流から上流へ楽々と航行できることを確認いただきました。

14

新たに車輪を付けたセーフティボートを、オールで漕いで使い勝手の確認をする様子

13

ハマウレボートAU380Wの乗り心地、速力、コーナリングを念入りに確認

12

海部南部消防組合様にて製品説明を聞かれる署員の皆さん

11

ライフボード、セーフティボートも要請がありましたらデモへ持っていきます

◆ハマウレボートの商品詳細ページヘ

沖縄県各消防本部へデモンストレーション

2016年10月14日 金曜日

日 程/平成28年10月13日・14日(木・金)

場 所/浦添漁港、名護漁港

主 催/浦添市、名護市、本部町・今帰仁村、金武地区 各消防様

沖縄県の浦添市、名護市、本部町・今帰仁村、金武地区の消防様にハマウレボート(水難救助ボート)を紹介しに行ってまいりました。
沖縄では海での救助要請が想定されるので実際に海上での走行デモを実施しました。沖縄にもサンプル艇を置いていますので、デモンストレーションをご希望の方はお気軽にご連絡ください。

5

潜水隊員が近くを泳いでいても、プロペラが無い船外機は運転中でも安全

6

名護漁港にて隊員の方とスロープまでハマウレボートを運ぶ様子(平面の運搬は1人で可能)

7

浦添漁港にて浦添市消防本部様へハマウレボートの製品説明

8

浦添漁港にてスロープにて水面へエントリー

◆ハマウレボートの商品詳細ページヘ

長野県千曲坂城市、須坂市へデモンストレーション

2016年9月7日 水曜日

日 程/平成28年9月7日(水)

場 所/大池キャンプ場、須坂市消防署

主 催/千曲坂城市消防本部、須坂市消防本部

千曲坂城市消防本部様よりデモンストレーション要請を受けて、AU450と出掛けてきました。
会場となった大池キャンプ場は藻が多く、操船には苦労しましたがハマウレボートの安定性と、Jet船外機の安全性は救助隊員様に伝わったと思います。近隣の須坂市消防本部様にも時間を取っていただき製品説明をしてきました。

1

大池キャンプ場内の池にて走行デモをする様子

2

須坂市消防本部様へ製品説明をしました

常滑市、東海市、知多市消防本部へ

2016年8月10日 水曜日

日 程/平成28年8月10日(水)

場 所/常滑港、東海市消防本部、知多市消防本部

主 催/常滑市、東海市、知多市 各消防本部

愛知県東海市、常滑市、知多市消防本部様にハマウレボートを紹介しに行ってまいりました。
常滑市消防様では実際に水上での走行デモを実施しました。
オプションの救助ネット、ハシゴを取付けて実際に使い勝手を確認していました。

 

1

常滑港で救助者と仮定した隊員を実際に救助ネットを使い救助する様子

2

東海市消防本部にてハマウレボートの製品説明

3

知多市消防本部にてハマウレボートの製品説明

4
プロペラが無いJet船外機はどこの消防様も興味を示していただけます

小千谷市消防本部へ水上デモ

2016年8月8日 月曜日

日 程/平成28年8月8日(月)

場 所/新潟県 信濃川

主 催/小千谷市消防本部

小千谷市消防本部様より水上での走行確認をしたいとのデモ要請があり、ハマウレボートAU420Wと共に新潟県へ行ってきました。走行テストの現場は信濃川でとても流れが速いところでした。
Jet船外機との組合せで、推進力(スピード)を求められる場合は、ハマウレボートのスリムタイプをおすすめします。

 

1

車で約7時間かけて小千谷市消防本部へ到着

2

救助工作車のユニックで船を吊って、信濃川にエントリーします

3

左がハマウレボート、右が既存のゴムボート

4

水上での走行を確認しています

西尾市消防本部へウレタンボートの製品紹介

2016年7月25日 月曜日

日 程/平成28年7月25日(月)13:30〜

場 所/西尾市消防署 本署

主 催/西尾市消防本部

西尾市消防本部様より要請があり、AU300、AU420Wの2艇をトレーラーに積んで行ってまいりました。
小型船舶操縦免許を持っていない隊員でも操船できるサイズを検討しているらしく、AU300を主として確認していました。
好評で実際に水上で確認してみたいとの声があり、急遽AU300を2週間お貸しすることとしました。
ウレタンボートの安定感を水上で体感してください。

 

1

ウレタンボートの特徴を説明する浜口社長

2

チューブの硬さを確認する隊員

3

軽トラックへの積載確認(AU300にて)

4

運搬方法、運搬最小人数等の確認

川口市消防局:荒川・東北本線鉄橋東側エリアでの ウレタン注入ボートAU380W運用及び走行デモ実施

2016年3月15日 火曜日

日 程/平成28年3月15日(火)

主 催/川口市消防局本部

午後一番より川口市荒川水域で航行テストを開始したいと の要請により、3月15日まだ暗い朝5時、AU380W+ジェット船外機25hpを乗せ浜松西インターから出発する。早出の甲斐合って11時頃には到着す る。1時よりウレタン注入ボートの概略説明を終え、堤防より川縁のボートをおろすスロープ現場迄を消防士の方々の手押しにより移動し出艇させる。川口消防 各隊の方々に乗船体験していただいた。定員5人と言う事もあり、5人載ってのAU380Wの向かい風の中での走航は、床面がフラットと言う事もありスピー ドは期待できないスローな走行であった。

 

08

走行デモ開始のご挨拶

07

浜口社長によるウレタン注入ボートの説明

06

スロープより出艇へ

05

ウレタン注入ボート走行体験を終えて

湖西市消防本部、ウレタンボートAU420Wデモ

2015年11月17日 火曜日

日 程/平成27年11月17日(火)

場 所/湖西マリーナ

静岡県の西端に位置し、浜名湖を東側に抱えマリン施設などが充実している町だ。海水浴場やフィッシングポイントが近くにあり海洋レジャーが盛んである。水難事故などの活用には、操縦者や落水者などに安全で優しいセッティングがうれしい。

 

02

補助3輪は現場での移動に便利

01

潜水隊の方々もジェット船外機に納得!

三重県松坂地区広域消防組合 豪雨後の櫛田川AU420W走行性能テスト

2015年9月25日 金曜日

日 程/平成27年9月25日(金)

悪天候が続き、曇り空の9月25日朝9時、櫛田橋下川縁に集合しウレタン注入ボートAU420W の陸と川での運用テストが行われた。空気ボートに比べ、ウレタン重量が増しているので現場での陸の移動は補助輪装備が助かる。川走行では大雨後ということ もあり流れは急で、ウレタンボートの艇体の固さが水流に負けない安定した走りを体験していただくことができた。

 

001

雨模様の櫛田橋橋梁下でAU420Wの説明開始

002

隊員の方々の力を借りてAU420Wデモ開始

003

安定した走行性には安全の評価が高かった

004

移動が厳しい現場でも補助車輪を使って移動

AKAO-AU420Wウレタン注入特別仕様ボート ビーチスマリーナで初試走

2015年8月5日 水曜日

日 程/平成27年8月5日(水)

場 所/浜松市北区三ヶ日町大崎 ビーチスマリーナ

AKAO-AU420Wウレタン注入ボート特別仕様艇が奥浜名湖ビーチスマリーナで初試走された。AU450に比べ艇体径も太く船内スペースも横幅を広くとったワイドタイプ。ウレタン注入艇は穴が開いても沈まない最大の特徴です。空気注入艇に比べ重量が増すために、現場での陸上移動は後輪のドーリーと取付け式補助前輪によりスムースに移動が可能となりました。また、レスキュー艇として必要な「船内乗込み用はしご」や「救助用ネット」などもセットされ、従来のインフレータブルボートにはないレスキュー艇として新登場です。

 

06

ウレタン注入ボートの説明に聞き入る参加者

05

ウレタン注入ボートに体験乗船

04

救助デモに連携する救助支援多目的ボート

03

AKAO-AU420W特別仕様艇

02

救助ネットを使用しての落水者救助

01

乗込み用階段を利用しての乗船

水難救助用ウレタン注入ボートAU420W 新潟県三条市消防本部 訪問

2015年7月25日 土曜日

日 程/平成27年7月25日(土)

 

04

新しく考案された移動用補助前輪を発表

03

トレーラーを引き抜き補助用前輪をセットする

02

ボート前部に補助用前輪をセット

01

法定備品もしっかり確認

水難救助用ウレタン注入ボートAU420W 新発田地域広域消防本部 訪問

2015年7月25日 土曜日

日 程/平成27年7月25日(土)

 

04

AU420W

03

艇体の走行安定性を説明

02

ドーリーの取付けにより移動が簡単になる

01

ジェット船外機の安全性を説明

水難救助用ウレタン注入ボートAU420W 大館市消防本部 訪問

2015年7月25日 土曜日

日 程/平成27年7月25日(土)

 

02

レスキュー対策用オプション類が充実

01

ジェット船外機の安全性について解説

水難救助用ウレタン注入ボートAU420W 北秋田市消防本部 訪問

2015年7月24日 金曜日

日 程/平成27年7月24日(金)

 

04

河原での船体紹介

03

既存艇とAU420Wとの比較走行

02

ワイドタイプのためフル乗船でも余裕あり

01

空気ボートに比べ安定した走りを実現

徳島中央広域連合消防本部様 名西消防組合消防本部様 ボートデモ訓練

2015年7月14日 火曜日

日 程/平成27年7月14日(火)

場 所/吉野川 第十堰下流(船着き場周辺)

入梅まっただ中、上流のダムの放流も あり吉野川の流れは強く、ボートデモ訓練として、自然環境の厳しさを体験するには好適な日であったかもしれない。徳島中央広域連合消防本部と名西消防組合 消防本部の皆様に定期水上訓練の間をぬって、ウレタン注入のAU420W+JET船外機の乗船体験していただいた。現在使用中の空気入りインフレータブル ボートと違い、ウレタン注入された船体の走行安定性の良さと安全性は充分に感じていただけたことと思う。が、船外機の吹き上がりの調子が悪く川上への走行 において出力が出せなかったのが心残りである。

 

01

名西消防組合水上訓練

02

乗船体験する名西消防本部の消防士の方々

03

徳島中央広域連合消防本部の消防士の方々

04

水没者捜索訓練風景

ウレタン注入レスキューボートAU450走行・操作性デモ 津市消防本部 様

2014年10月17日 金曜日

日 程/平成26年10月17日(金)

場 所/三重県津市 風早池

主 催/浜口ウレタン株式会社・山口商会

 

05

続々と消防署員が乗船体験をする

06

署員の操作により走行開始

07

AU450の走行安定性に満足

08

Jet船外機のため竹竿を簡単に乗越える。

 

ウレタンボートAU450JET 多野藤岡広域消防本部 湖上訓練訪問

2014年7月14日 月曜日

場所/群馬県藤岡市  竹沼貯水池

トーハツ様の要請を受けて、消防の皆様には知名度がたかまっている「ウレタンボートAU450に、 ご存知「トーハツ25馬力ジェット船外機」をセットして、湖上訓練に訪問する。現状で使用されているインフレータブルボートに比べ、操行性、旋回性、安定 性など全てにおいて、参加隊員のお褒めの言葉をいただいた。

04

ジェット船外機の船への着脱を体験する若手力持ちの消防隊員。

03

ジェット船外機なので、桟橋がなくても浅瀬から手軽に出艇可能。

02

河川レスキューでのウレタンボート+ジェット船外機のデモ要請がたかまっています。

01

本日は暑い中、竹沼貯水場でのAU450JETの操行訓練おつかれさまでした。