‘納入・納品’ カテゴリーのアーカイブ

高知県宿毛市 幡多西部消防組合消防本部 硬質ウレタンボート無償貸与・贈呈式・運用デモ

2017年7月12日 水曜日

日 程/平成29年7月11日(火)

場 所/貸与式/宿毛消防署・運用デモ/笹川支流近隣(二宮)

主 催/高知県宿毛市 幡多西部消防組合

震災復興支援グループ「きぼう」代表の浅見健一様のコーディネイトにより、硬質ウレタン注入ボート貸与のため、7月10日朝6時半出発、西日本の豪雨情報なども聴こえるなか輸送時間10時間半掛けてトレーラーにボートを乗せて牽引、四国南西部の高知県宿毛消防署に到着する。翌7月11日午前9時半から中平富宏宿毛市長、上野浩由紀宿毛消防署長をはじめ幡多西部消防組合消防本部の皆様方にウレタン注入ボートを貸与させていただきました。これは2016年の伊勢志摩サミットで警備艇として使用されたボートを水害の可能性の高い地域の方々のために無償で貸与し、津波や豪雨での増水時の住宅の孤立化からの人命救助用として備えていただく為、浜口ウレタンの防災支援企画として続けている活動です。製品はウレタン注入ボーAU420W+ジェット船外機25HPと前後車輪を含むオプション装備と法定備品一式です。災害は起こらないことを祈るばかりですが、もしものときは最大限の活躍を果して人命救助に貢献してくれることを願うばかりです。

中平市長より感謝状を授与される浜口社長

目録を渡すケイウッドの武田氏

フローティングプロテクターを贈呈する浅見氏

ボートの始動準備説明

ジェット船外機なので浅瀬走行も安心

中平市長を中心に記念写真

津市消防本部AU380W納品・取扱い説明

2017年5月8日 月曜日

日 程/平成29年5月8日(月)

場 所/津ヨットハーバー

主 催/津市消防本部

三重県の津市消防本部様にAU380WとJET船外機をご購入いただきました。
弊社では安全な取扱いをしていただくために、納品時に取扱い説明と運転確認を行っています。
今回は水中探索機メーカーの方と合同で取扱説明を実施しました。JET船外機なら潜水隊員の方が潜っている上を安全に航行できます。

3点吊りベルトがあれば運搬も簡単に出来ます

潜水隊員の方が潜っている上を走行しています

ハマウレボートの商品詳細ページはこちら

島根県益田市 ハマウレボート貸与・訓練参加

2017年3月15日 水曜日

日 程/平成29年3月15日(水)

場 所/益田市立水防センター

主 催/益田広域消防本部

 

島根県益田広域消防本部へ救助艇のハマウレボートを貸与する為に出掛けてきました。
貸与品はAU420W+JET船外機になります。
当日は貸与式があり、益田市の山本浩章市長も出席されて「万が一の時に活用し使命を果たしたい」と述べられていました。
式典後は近くの高津川で取扱説明を兼ねた訓練を実施しました。

 

浸水を想定して船体内を満水(約1t)にして定員8名乗船しての航行確認の様子。
見ての通り、水面がチューブの半分の位置にあり、浮力が優れているのが分かります。

消防関係者様の前で挨拶をする社長の浜口。

姫路市消防局へAU300納品

2017年3月14日 火曜日

日 程/平成29年3月14日(火)

場 所/姫路市消防局

主 催/姫路市消防局

 

兵庫県姫路市消防局様へハマウレボートAU300(救助艇)を納品しました。
AU300は全長3メートル、幅1.5メートル、定員4名となります。
本サイズは2馬力船外機までの操船は免許不要です。

 

工場(静岡県浜松市)から出荷します。

 

中央部が盛り上がり、雨がたまらない[雨たまらんシート]もオプション品として納品しました。

 

宮城県富谷市 黒川地域行政事務組合消防本部 硬質ウレタンボート無償貸与・贈呈式

2017年1月23日 月曜日

日 程/平成29年1月23日(月)

場 所/富谷消防署

主 催/宮城県富谷市、黒川地域行政事務組合、黒川地域行政事務組合消防本部

硬質ウレタン注入ボートAU420W+ジェット船外機25HPと前後車輪を含む稼働用オプション装備と(他法定備品一式)を含めた水害対策用レスキューボートを一昨年に大雨増水被害を受けた黒川行政事務組合様に今後の水害対策用にご使用いただく為に無償貸与されました。
3.11で津波被災後の救出の為にガレキの海に救助用ゴムボートでは艇体に穴があいて危険すぎて出動できなかったと言われています。そんな厳しい現場を気にしないで出動できるボートが納品された硬質ウレタン注入レスキューボートなのです。
貸与・贈呈式には若生富谷市長に(株)タガアート 専務取締役  太田幸男氏より目録が渡され、黒川地域行政組合様及び黒川地域行政組合消防本部の署長様より浜口社長をはじめ、太田幸男氏、復興支援グループ「きぼう」代表浅見健一氏に感謝状が渡されました。

3

貸与目録を市長にお渡しする太田氏

4

浜口社長からのボート提供のご挨拶

1

ウレタンボートの安全性を説明をする浜口社長

2

プロテクターを若生市長に贈呈する浅見氏

 

◆ハマウレボートの商品詳細ページはこちら

埼玉県川口市消防局AU380W納品

2016年11月24日 木曜日

日 程/平成28年11月24日(木)

場 所/荒川(川口市)

主 催/川口市消防局

川口市消防局様へ AU380W+JET船外機、ライフボードを納品してきました。納品当日は11月としては記録的な雪となる中での納品確認作業となりました。川口市消防局 様は荒川河川敷に水難救助ボート専用のコンテナを設け、いち早く安全に救助出来るボートということでハマウレボートを選定いただきました。
今回、担当署員の方の声を参考にセーフティボートに車輪を付けてみました。(改良中)今後も「このように出来ないか?作れないか?困っている。」の声をお待ちしています。

4

車輪を付けたセーフティボートを確認する様子

3

雪の降る中、テントの中で備品類の確認作業

2

気温1度の中、走行確認をしました(要求仕様により赤色灯を付けました)

1

専用コンテナの中へ車輪を付けたまま、数ミリの狂いもなく格納できました

 

◆ハマウレボートの商品詳細ページヘ

静岡県駿河区駿河区「河原自治会連合会」様に フローティングプロテクター2着寄贈!

2016年11月6日 日曜日

日 程/平成28年11月6日(日)

平成28年11月6日(日)静岡市安倍川河口西側に位置する川原地区自治会連合会のかわはら会館に、自治会連合会長の田中氏をはじめ関係の皆様に津波対策用救命胴衣「フローティングプロテクター」2着を寄贈の為に訪問しました。想定される津波から人命を守るべく少しでもお役に立てればと思っています。硬質ウレタンを使用しウレタン部は耐衝撃性を備えており外部からの衝撃から身体を護ります。日頃からの防災の意識が高い川原地区の皆様の一助になればと考えております。

1

3.11の津波体験をお話される浅見先生

2

浜口社長より田中連合会長様への贈呈式

◆フローティングプロテクターの商品詳細ページヘ

高知県南国市防災センターへAU450納品

2016年10月27日 木曜日

日 程/平成28年10月27日(木)

場 所/前浜防災コミュニティーセンター(南国市)

主 催/南国市

高知県南国市の前浜防災コミュニティセンターへハマウレボートAU450を納品しました。AU450は全長4.5メートル、幅1.5メートル、定員6名となります。
南国市は南海トラフ地震発生時に津波等の災害が予想される地域です。絶対沈まないこの水難救助ボートが災害時には必ず役立ちます。

3

工場(静岡県浜松市)からトラック荷台に載せて出発します

4

前浜防災コミュニティセンターへ無事納品完了

◆ハマウレボートの商品詳細ページヘ

群馬県多野藤岡広域消防本部AU380W納品

2016年9月14日 水曜日

日 程/平成28年9月14日(水)

場 所/藤岡消防署

主 催/多野藤岡広域市町村圏振興整備組合消防本部

群馬県多野藤岡広域消防本部様へAU380W+JET船外機を納品してきました。
ボートの確認と取扱い説明を兼ねまして、近隣の湖に実際にハマウレボートを浮かべてきました。
災害は無いに限りますが、昨今の異常気象で何が起こるか分かりません。現場を選ばないハマウレボートが少しでも人命救助の役に立てばと思います。

名称未設定-1

JET船外機の操作方法を確認する救助隊員の皆さん

名称未設定-2

湖へのエントリーは急な坂でしたがタイヤ(オプション)があり問題ありません

阿蘇市水害救助力強化のため AU420W+TOHATSU 25hpジェット船外機、無償レンタル。

2016年7月21日 木曜日

日 程/平成28年7月21日(木)

場 所/熊本県阿蘇市広域消防本部

 

7月21日14時より、熊本県阿蘇市消防本部(住所:熊本県阿蘇市黒川1423-1)にて阿蘇市の水害救助力強化の為に、先般行われましたG7伊勢志摩サミットで使用した「ウレタン注入救助用ボート」を大和物産株式会社を通じて無償レンタルにて支援させていただきました。

 

1

ウレタンボートの性能を語る浜口社長

2

贈呈目録を手渡す大和物産(株)児玉社長

3

阿蘇市副市長 宮川氏ご挨拶

4

ウレタンボートの取扱説明する浜口社長

豪雨災害などの救助支援艇として 浜松市消防団へ「多目的ボート2711」を寄贈

2016年3月8日 火曜日

日 程/平成28年3月8日(火)

場 所/浜松中消防署本署

2015年9月8日台風18号の接近により浜松南を中心と したエリアに豪雨をもたらし、可美地区をはじめ浜松南地区では床上浸水となった箇所があり、住民の方々の緊急避難などの要請がでた。この豪雨被害による ニュースに対し、当社の製品で何らかの支援ができないかと浜松市問い合わせさせていただき、浜口ウレタンでは救援用支援ボート開発に取り組んでおる現状を 踏まえ浜松市消防団に対して、当社の多目的支援ボート2711ハマウレ号を救助支援などにお役立ていただければと贈呈させていただきました。

 

10

浜松市消防署署長より感謝状を受ける

09

寄贈された多目的ボートの説明をする浜口社長

徳島県 那賀町消防本部ウレタン注入ボート納品

2015年12月1日 火曜日

日 程/平成27年12月1日(火)

徳島県那賀町は山間地に位置し、那賀川に隣接した環境にある。大雨による増水や水難事故などによる救助出動で活躍が期待される。ユニック付きトラックは2段済みの特別収納棚を装備し、空気ボートとウレタン注入ボートを載せ、水害のあらゆる局面に対応する。

 

06

空気ボート・ウレタンボート2段積み収納

05

厳しい現場の出動もこれで準備OK!

塩谷広域消防本部AU420W納入

2015年10月27日 火曜日

日 程/平成27年10月27日(火)

場 所/塩谷広域行政組合消防本部

栃木県において本年9月11日の線状豪雨によ る鬼怒川の堤防決壊による大災害は記憶に新しい。比較的水害の少ない地域でのこの災害は、日本の各地で豪雨による被害が比較的簡単におこってしまう事を知 らしめた災害事例といえよう。平和な農村が床上進水となり、状況が進展すれば家ごと流されてしまう危険性をはらんでしまう。激流がおさまればガレキの中で も避難が可能となるAU420Wのようなレスキューボートの配備が期待される。

 

021

船外機の説明に聞き入る消防士

022

船体に消防署名が入ったAU420Wの船体

023

納入後の塩田ダム湖でのボート吊り下ろし

024

塩田ダム湖でのAU420W走行デモ

 

 

水難救助用「ウレタン注入」レスキューボートAU450 静岡県 磐田消防署に納入

2015年2月27日 金曜日

日 程/平成27年2月27日(金)

水難救助対策に積極的に取り組んでいる磐田消防署は、水難救助用「ウレタン注入」レスキューボートを導入した。その性能は従来のインフレータブルボートに比べ、海や川などの急流においてもスムースな走行と安定性を格段に実現している。

 

09

磐田消防署に納入されたAU450

10

納品チェックする消防署員

11

法定備品もしっかり確認

 

水難救助用「ウレタン注入」レスキューボートAU450 静岡県 袋井消防署に納入

2015年2月27日 金曜日

日 程/平成27年2月27日(金)

袋井市中部を流れる蟹田川・沖之川・小笠沢川など浸水水害などの危険をはらんでいる。そんな厳し い環境に、水難救助用「ウレタン注入」レスキューボートAU450が納入された。海や川での急流にも負けない硬質ウレタン注入のハードな船体は、従来の空 気ボートに比べたら、その活躍の領域は広くなる。

 

12

袋井消防署に納品が待たれるAU450

13

納入された船体に触って確認する署員の皆様

14

細部チェックも念入りにされる。

 

石原水産株式会社 吉田工場では、全従業員の安全のため 津波対策用救命胴衣「フローティングプロテクター」 96着を配備。

2014年4月2日 水曜日

想定される南海トラフ3連動地震による巨大津波から、社員の安全を守るために津波対策用救命胴衣「フローティングプロテクター」が石原水産吉田工場の従業員全員に配備されました。

03

着衣方法の説明を熱心に聞き入る社員の方々

01

石原水産株式会社 吉田工場

02

津波避難訓練を指揮する工場長

04

ここは海抜2.3m、津波高7mが想定

05

解りやすく、見やすい保管方法。

06

取り出しやすい保管方法。

 

松茂町津波防災センターにウレタンボート300を装備

2013年5月21日 火曜日

130521_13

松茂町津波防災センターにウレタンボート300装備

130521_25

松茂町津波防災センターの素晴しい対策設備を見学

浜松ライフセービングクラブにレスキューチューブを寄贈しました

2012年2月13日 月曜日

2月11日(土)、12日(日)に静岡県浜松市の『古橋廣之進記念 浜松市総合水泳場 TOBIO』にて
第3回全日本学生ライフセービング・プール競技選手権大会が開催され、
大会役員である浜口社長から浜松ライフセービングクラブにレスキューチューブが寄贈されました